ペイントホームズ
津店

ALCパネルのメンテナンス方法とは?

ALCパネルは、「軽量気泡コンクリート」と呼ばれる外壁材です。名称からも分かるように、コンクリート製で、内部に気泡を入れているのが特徴です。通常のコンクリート材よりも軽量で、空気が含まれているために断熱性が高いのもメリットです。一般住宅でも使われることは多く、外壁の他、一部の住宅では屋根にも用いられています。

 

また、コンクリートということもあって耐久性が高く、しっかりとメンテナンスをすれば50年程度の耐用年数となります。一方で、水に弱い弱点があります。気泡が入っているため、水がしみ込みやすいからです。したがって、ALCパネルの塗装施工方法としては、防水性に優れた塗料を使った塗装をしていることが多いのです。

 

【ALCパネルの外壁塗装のポイント】

ALCパネルを長持ちさせるためには、建材に合ったメンテナンス方法を採る必要があります。まず、劣化が進まないうちに早めに外壁塗装をして、塗料による保護機能を保つことです。劣化のサインとしては、色褪せや表面のヒビ割れ、表面に粉が浮いてくるといったものがあります。塗装の際にはシーリングや下地となる塗料について塗膜が厚くなるタイプを選び、保護膜を強化することも重要です。こうすることで、防水性を高められるからです。

 

ALCパネルは軽量で断熱性が高いというメリットがあるものの、メンテナンスをしっかりと行う必要があります。建材に見合った施工方法を選び、大事な我が家を長持ちさせましょう。